家族やペットと一緒に楽しむ!富士山を望めるEXPASA富士川(上り)の魅力を紹介

東名高速道路には魅力的なSAが多いですが、「EXPASA富士川(上り)」もそのうちの1つです。

観覧車から見る富士山の絶景は、SAでなく観光地にやってきた錯覚を起こすほどです。

しかし、このSAは富士山が見える以外にも様々な魅力が詰まっています。

この記事では、「富士山を望みながら楽しめるEXPASA富士川(上り)の魅力」について解説します。

この記事は、こんな方へオススメです。

・関西、静岡県方面から東京・神奈川県へ向かう道中のおすすめSAを知りたい方
・静岡県で人気のサービスエリアに行きたい方
・ドッグラン設備があるサービスエリアを探している方
・子どもが遊べる施設が併設されているサービスエリアを探している方 etc…

目次

家族やペットと一緒に楽しむ!富士山を望めるEXPASA富士川(上り)の魅力を紹介

先に結論から言うと、EXPASA富士川(上り)の魅力は、以下の7つになります。

チェックポイント

①ドッグランエリアがある

②観覧車から絶景を眺めることができる

③子ども用遊具があり退屈させない

④道の駅『富士川楽座』が併設されている

⑤富士山を見ながら食事ができるフードコート

⑥魅力的な静岡のお土産がゲットできる

⑦ふるさと納税の自販機がある

ではご紹介していきましょう!

EXPASA富士川(上り)の見どころと魅力

それでは、実際にどのような見どころや魅力があるのか、具体的に挙げていきましょう。

①ドッグランエリアがある

ドッグランが併設されているSAが近年増えていますが、このEXPASA富士川(上り)にもドッグランがあります。

観覧車のすぐ近くに240㎡の人工芝のドッグランがあり、愛犬のストレスを発散させることができます。

ちなみに観覧車も犬OKのゴンドラがあるので、愛犬と一緒にゴンドラに乗ることも可能です。

ドッグラン自体が観覧車のすぐ近くにあるので、大きな観覧車を眺めながら犬を楽しませることができます。

犬と一緒に観覧車に乗り、ドッグランで遊べたならば、もうすでにレジャーですよね。

SAでこれほど満足できるのは驚きです。

夏はミストが噴射されるなど、暑さ対策も取ってくれています。

かずぅ

犬を連れて東名高速道路を通る人は、ぜひ寄っておきたいSAであるといえるでしょう。ただし、体格の区分けがないドッグランなので、3㎏以下の超小型犬はリスクがあるかもしれません。

②観覧車『Fuji Sky View』から絶景を眺めることができる

まずは冒頭でも挙げた「観覧車」です。

「Fuji Sky View」と名付けられたこの観覧車は2017年2月に誕生し、高さは60メートル、36台のゴンドラがあります。

1周12分間かかり、その間雄大な富士山を眺めることができます。

天気が良ければ伊豆半島も見えます。

夜はLEDのイルミネーションで幻想的な空間を作り出してくれます。

SAといえば「休憩するために寄る」といったイメージがありますが、この観覧車に乗るだけで観光気分に浸れるので非常にお得です。

ちなみに、観覧車のすぐ近くにはセブンイレブンもあるため、旅に必要なものは大抵ここで購入できます。

かずぅ

1歳児も楽しめる観覧車は一度乗ってみるのがおすすめです!特にスケスケの透明なタイプは、360度クリアで見えるので、ぜひ選んでみて下さいね。

③子ども用遊具があり退屈させない

EXPASA富士川(上り)には、観覧車だけでなく子ども用の遊具がいくつもあるため、幼児を飽きさせずに過ごすことができます。

せっかく富士山が見られる景色やグルメを楽しみたいと思っても、子どもが「つまらない、早く行こうよ」となってしまっては楽しめませんよね。

そうした時でもSA内に遊具があるため、飽きさせずに過ごせるのです。

かずぅ

うちの子は、このSAで1日遊べるくらいの勢いでした。
遊び盛りな子どがいるご家庭には、持ってこいなサービスエリアです。

④道の駅『富士川楽座』が併設されている

EXPASA富士川(上り)は、道の駅も併設されています。

お土産屋さんやフードコート、子どもが楽しむことができる体験ゾーンなどもあります。

さらには富士川楽座ではプラネタリムも楽しめます。

富士川楽座のプラネタリウムでは、あの名探偵コナンが上映されていた時もありました。(※上映期間 2023年7月1日~9月3日)

SAだけでも魅力的であるにもかかわらず道の駅で楽しむこともできてしまうため、数時間滞在する人も多いのです。

また、道の駅の最上階には高機能マッサージチェアも設置されているため、運転の疲れを癒すことも可能となっています。

かずぅ

下の階では、期間ごとのイベントが開催されており、いつきても楽しめる工夫がされています。

⑤富士川楽座では富士山を見ながら食事ができるフードコート

当然のことながら、このSAではグルメも堪能できます。

食事の美味しさだけでなく、「富士山を眺めながら食べられる」というメリットもあるので、より食事が美味しく感じられます。

鶏そば専門店「麺や厨」のラーメンやすし道中「やじ喜多」の海鮮丼などの美味しいグルメが堪能できます。

かずぅ

麺や厨の「うっ鶏そば」は、一度は食べたらまた食べたくなるほどクセになる味です。スープも飲み干したくなるほど美味しいです。

⑥魅力的なお土産がゲットできる

SAといえばお土産が購入できるのも嬉しいポイントですよね。

「あ、そういえばお土産買い忘れた」なんて時でも、SAや道の駅でその土地の名物品を購入できるので安心です。

EXPASA富士川(上り)でも、静岡名物「桜エビ」や「しらす」のお土産が多数販売されています。

⑦ふるさと納税の自販機がある

道の駅「富士川楽座」では、なんとふるさと納税ができる自販機があります。

これはちょっと驚きですよね。

プラネタリウムや観覧車の回数券など、4,000円~8,000円の寄付金で返礼品として受け取れます。(もちろん当日に受け取れます)

まとめ

今回は、EXPASA富士川(上り)の見どころと魅力」を解説してきました。

EXPASA富士川(上り)魅力は、以下の7つ

チェックポイント

①ドッグランエリアがある

②観覧車『Fuji Sky Viewから絶景を眺めることができる

③子ども用遊具があり退屈させない

④道の駅『富士川楽座』が併設されている

⑤富士山を見ながら食事ができるフードコート

⑥魅力的な静岡のお土産がゲットできる

⑦ふるさと納税の自販機がある

静岡県の東名高速道路といえば、やはり富士山が眺められるのが最大のメリットですが、「EXPASA富士川(上り)」では休憩するだけでなく観覧車から富士山を眺めたり、富士山を見ながらが食事を堪能できます。

ここで挙げたようにそれ以外にも様々な魅力が詰まっているので、東名高速道を運転する場合はぜひ「EXPASA富士川(上り)」に寄ってみましょう。

きっとお得な気持ちにさせてくれるはずですよ。

かずぅ

関西、名古屋・静岡方面から東京方面へお帰りの際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか^ ^

東京でレンタルできるペットOKのキャンピングカーは、アミティMilkyway号

アミティ milkyway号
かずぅ

6人乗り6人就寝のはじめてでも運転しやすいキャンピングカーです。

電源もあるので、電子レンジも使えて、寒い日や朝でも温かい飲み物が準備できます。
冬場に大活躍するFFヒーターも標準装備しています。

詳細はこちら↓

アミティMilkyway号 新宿・都庁前スポット

神奈川県でレンタルできるペットOKのキャンピングカーは、アンソニーMilkyway号

アンソニー Milkyway号 キャンピングカー
かずぅ

7人乗り7人就寝で、大家族や複数名で行くときに活躍するのが、アンソニーMilkyway号です。ダブルタイヤで走行でとても安定感があります。

詳細はこちら↓

アンソニーMilkyway号 戸塚舞岡スポット

【NEW】神奈川県でレンタルできるペットOKのキャンピングカーは、アレンMilkyway号

かずぅ

2023年7月から予約開始した『クイーンサイズのバンクベッド』があるキャンピングカーです。ぜひ体験してみて下さいね!

詳細はこちら↓

アレンMilkyway号 横浜本郷台スポット

【LINEに登録】初回から使える限定クーポン3000円分をゲットしよう!

LINE公式アカウントに登録する3つのメリット

初回から使える3000円分のクーポンをゲットできる
②季節ごとの抽選クーポン(500円から5500円分まで)にチャレンジできる
③予約の希望日程の確認、仮予約の代行、各種ご質問ができる

さらに2回目のレンタル時にも使える『季節ごとの抽選クーポン(最大5500円分)』にもチャレンジできます。

友だち追加

※1 ロードクルーズ新宿・都庁前スポット/戸塚舞岡スポット/横浜本郷台限定クーポンです。
※2 ご予約時に、『クーポン番号』を備考欄に記載ください。
※3 初回クーポンは、初回ご利用時のみご利用可能です。

レンタル可能なキャンピングカー

ロードクルーズでは、
キャンピングカーのレンタル事業を行なっております!

ハイシーズンの宿泊と移動費込み
1人1泊6,400円〜格安旅が可能

\ 乗車定員6名!ペット乗車可能!/

【東京都東村山市】レンタル可能なキャンピングカーなら『ベアーズ号』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次